中央区予防接種情報提供サービス

予防接種を受けたあとに

○予防接種を受けた後に注意していただきたいこと
・予防接種を受けた後30分間程度は、医療機関でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。
・接種後、生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しましょう。
・接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は差し支えありませんが、接種部位をこすることはやめましょう。
・接種した当日は、はげしい運動は避けましょう。
・接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。


○予防接種を受けた後にみられる反応
ワクチンの種類によって異なりますが、発熱、接種局所の発赤・腫脹(はれ)、硬結(しこり)、発しんなどが比較的高い頻度で認められます。通常、数日以内に自然に治るので心配の必要はありません。
ただし、接種局所のひどいはれ、高熱、ひきつけなどの症状があったら、医師の診察を受けてください。

ワクチンの種類によっては、極めてまれ(百万から数百万人に1人程度)に脳炎や神経障害などの重い副反応が生じることもあります。このような場合に厚生労働大臣が定期の予防接種によるものと認定したときは、予防接種法に基づく健康被害救済の給付の対象となります。

≪戻る