中央区予防接種情報提供サービス

  ◆ロタウイルス

 ロタウイルスによって引き起こされる急性の胃腸炎で、乳幼児期(0~6歳ころ)にかかりやすい病気です。主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐(おうと)、発熱、腹痛です。
 ふつう、5歳までにほぼすべての子どもがロタウイルスに感染するといわれています。脱水症状がひどくなると入院治療が必要になることがあります。5歳までの急性胃腸炎の入院患者のうち、40~50%前後はロタウイルスが原因です。

【2種類のワクチンがあります】
 ワクチンは2種類あり、同様の効果があります。2回接種を受けるものと3回接種を受けるものがあります。同じワクチンで、決められた回数の接種をしましょう。

 ロタリックスⓇ =「経口弱毒生ヒトロタウイルスワクチン」 (1価),2回接種
 ロタテックⓇ  =「5価経口弱毒生ロタウイルスワクチン」 (5価),3回接種

【対象者】
 ロタリックスを使用する場合は、出生6週0日後から24週0日後までの間にある方
 ロタテックを使用する場合は、出生6週0日後から32週0日後までの間にある方

【予診票発送時期】
 1日から14日生まれの方は2か月に達する前月
 15日から31日生まれの方は2か月に達する月

【標準接種】
 初回の接種を生後2月から生後14週6日までに行います(生後6週から接種できます)。
 2回目以降の接種は27日以上の間隔をあけて行います。

≪戻る